私たち、自由民主党真政さいたま市議団は、平成29年10月20日付で、清水市長と執行部へ、「平成30年度予算編成に対する要望と政策提案・提言について」 を提出いたしました。
全100項目からなる提案と提言でございますが、ポイントは以下の通りです。

 

1、政令市としての行政拠点を築き、明確なまちの将来ビジョンを描く

 

2、東日本の玄関口に相応しい首都圏中枢都市としての整備促進

 

3、交通の利便性を活かしたグローバル都市間連携の推進

 

4、公共施設マネジメント計画の見直しと公民連携事業の積極的な導入

 

5、市民の誰もが安心して活き活きと生活できる福祉施策と教育施策の充実

 

6、市民生活の向上および地域コミュニティや文化芸術の醸成を図る

 

7、日本一災害に強いまちづくりの推進(防災体制の強化)

 

8、徹底した行財政改革を推進

 

さいたま市民である皆様を代表する私達として、いずれの項目も大変重要な提案・提言をさせていただきました。
下記に、その資料のファイルをPDFファイルにてアップしておりますので、皆様も是非、お読みいただけたらと思います。

クリックすると別ウインドウでご覧いただけます